前へ
次へ

展望を活かすような家づくりをイメージ

家づくりのプランニングでは、どんな家に住みたいか、イメージしておくことは絶対条件です。
どこにいても展望を満喫できる大きな空間、これは土地探しの段階からイメージされる内容でしょう。
高台であれば、そこからの展望を一人占めしたくなります。
海が見える、街並みが段々に見下ろせる、緑豊かなどが景観の魅力です。
現に、光と風に包まれて暮らすことのできる、そうしたモデルハウスも見学できます。
柱を減らす構法で広々とした空間、リビングダイニングをダイナミックな空間にするだけで、たとえその土地が狭小地であってもそうとは思えないのではないでしょうか。
展望を活かすならば、リビングに面したテラスも定番です。
お天気に恵まれた日は、全面開口で風を誘いましょう。
柔らかな光(採光)は窓枠を自然に馴染む素材にし、借景の緑や青空に包まれるようにデザインすれば、あたかも家ごと空に浮かんでいるように中の人(居住者)からは見えるでしょ。

Page Top