前へ
次へ

賃貸経営の検討の際に注意が必要なポイント

土地などの不動産を所有している方の財テクとして、アパートやシェアハウスなどの賃貸経営が注目されていますが、賃貸経営には注意が必要なポイントがあり慎重に検討を重ねる必要があります。
賃貸経営は、入居率とランニングコストが利益を生むか生まないかの重要な鍵となりますので、立地とどのような層の入居者をターゲットにするかで大きく左右されます。
また、新築や築浅物件の場合には不動産仲介業者も積極的に見込み客に提案してくれますが、築年数が経過し競争力が落ちると他の物件に入居者が奪われてしまう傾向があります。
また大手不動産や賃貸斡旋業者が提案する賃貸経営プランの場合も、空室保証は最初の一年だけなどの条件があったりして、最終的には行き詰まり建物も土地も手放すケースが少なくありません。
大きな買い物となる訳ですから、一見好条件に見える契約でも、必ず最悪の場合などを考慮して慎重に慎重を重ね結論を出す事が必要不可欠です。

Page Top